工事代を安くしたい方に朗報! しつこい営業されずに、数社から工事の相見積りを取る方法!

オール電化住宅のメリット・デメリット 疑問一発解決!TOP > エコキュート選び方マニュアル

エコキュート選び方マニュアル | オール電化住宅のメリット・デメリット 疑問一発解決!記事一覧

スポンサードリンク
なるべく導入費用を安く抑えようとお考えであれば、手っ取り早いのが、機器を自分で調達することです。

工事業者に見積もりを取ってみた方はお分かりかと思いますが、機器代が結構高いんですよね。
もちろん、工事業者は利益を出さないとならないワケですから、まず、仕入原価で提供することはありません。
安くしたいからということで、見積もりの値引き交渉といっても、限度があります。

そこで、費用を安くするための方法の一つとして私がオススメするのは、機器を自分で調達することです。
ただ、予備知識が全く無い状態では、間違って購入したりする恐れがありますので、こちらの項目では、エコキュートをご自身で調達できるための必要な予備知識をお伝えしていきます。

注意点として、

1:設置工事をお願いする会社に、エコキュートを施主支給で工事をしていただけるかを確認の上、機器をご購入してください。

2:この項目でお伝えする情報は、私の経験から、購入する機器を選定する上で必要なことを吟味してお伝えしますが、必ずしも全ての方にご満足のいく結果を出す情報ではないことを予めご了承ください。実際の機器の購入にあたっては、ご自身の責任の上でご判断ください。

3:購入後、万一故障が起きた際に、購入店からの初期不良時以外の直接的なサポートはほぼ受けられないことを覚えておいてください。メーカーの修理対応になります。

1:現在お住いの地域を確認

最初にまず確認することは、”現在お住まいの地域がどの地域区分になるかどうか”を確認します。地域区分とは1:一般地2:寒冷地3:沿岸地大きくわ...

2:取付スペースを確認

地域の確認をした後は、ご自宅に設置できるスペースがあるかどうかの確認です。エコキュートを設置するためには、最低限必要なスペースがあります。作業するスペースや、ベースにな...

3:タンクの容量を決める

設置できるのを確認できたらば、次はエコキュートのタンクの容量の検討です。エコキュートのサイズは大きくわけて5つのサイズがあります。200L 300L 370L 46...

4:エコキュートのメーカーを選ぶ

タンクの容量を決めたら、エコキュートのメーカーの選定です。メーカーそれぞれ独自機能がありますが、メーカーによって電気代や水道代が極端に変化が出るといったことはまずないで...

5:エコキュートの種類を選ぶ

メーカーを選定したら、次はエコキュートの種類を選びます。おおまかに分類して、以下の3通りになります。1:シャワーの勢いが強い高圧フルオートタイプ2:ノー...

6:エコキュートの価格を調べる

最後は、今までの過程を経て決めた機種の値段を調べ、実際に購入です。IHの時と同様に、価格.comにて値段を調べてみました。値段調査のサンプルとして、パナソニックの「...

 

スポンサードリンク
楽天市場で
IH、エコキュート
最安値を検索

★楽天市場IH最安値★

★楽天市場エコキュート最安値★